琥珀意味

太古からの贈り物、琥珀(アンバー)

透き通った蜂蜜色をしたたいへん美しい黄金色に輝く石、琥珀。

 

琥珀は太古の針葉樹林の分泌した樹液が化石となったものです。

 

鉱物ではありませんが、宝石とされています。

 

琥珀の英名である「アンバー」は、アラビア語で「龍涎香(りゅうぜんこう)」を意味する「香気を放つ」から由来しています。

 

その呼び名のとおり、熱を加えると甘い、たいへんよい香りがします。

 

また、琥珀は擦ると静電気を帯びる性質を持っています。

 

このことから、ギリシャ語では琥珀を「エレクトン」と呼び、電気を意味する英語「エレクトロシティ」の語源となっています。

 

琥珀が自然の力によって作られたのは3000万年ほど前といわれています。

 

琥珀は、半透明から透明で、通常は黄色からオレンジがかった色をしています。

 

一般的に、この色が流通していることが多いことから、このような色を「琥珀色」と呼んでいます。

 

しかしアンバーには、他にもカラーバリエーションがあって、薄いレモン色もの、白っぽいもの、黒っぽいものなどがあり、さまざまな色合いを楽しむことができます。

 

太古からの石なので、残念ながら表面はひび割れたり風化していることがあります。

 

琥珀の中に、化石化する前に取り込まれた昆虫や苔や木の葉などが見られることもあり、それらは「虫入り琥珀」として珍重されます。

 

めずらしいものではカエルやトカゲが入ったものも発見されています。

 

映画「ジュラシックパーク」などでもこういったアンバーが登場したので、記憶にある方も多いでしょう。

 

一般的に宝石は内包部があるとその価値が下がりますが、おもしろいことにアンバーの場合は内包物があるほうもののほうが価値のあるものとされています。


万能のパワーを持つ琥珀(アンバー)

琥珀はたくさんの熱や光を放ち、強力なエネルギーを持っています。

 

その力は万能であり、さまざまな強いパワーを持っています。

 

この石は特に浄化作用に強く作用し、ストレスや病気を浄化して、体質改善に効果を発揮するといわれています。

 

精神的な不調を抱えている方、不安を持つ方、対人関係がうまくいっていない方に、琥珀は効果的です。

 

この石の持つ浄化力は、精神をきれいにする力があります。

 

ストレスや疲労など現代人の抱える問題に効果があるのが琥珀と言えるでしょう。

 

アンバーには金運を呼ぶ効果もあります。

 

風水では白虎の石とされていて、交渉力をアップし仕事の運気を上げ、富を手に入れる力になると言われています。

 

また、持ち主を災難から守り、大きな開運を与えてくれる力があります。

 

気持ちが落ち込んだ時に大きな勇気を与えてくれ、心を落ち着けてくれます。


琥珀(アンバー)の持つ癒しの力

琥珀は、ヒーリング効果がとても高いので、アクセサリーとして身に付けておくと穏やかな気持ちで過ごせる癒しの石といわれています。

 

アンバーのもつ癒し効果は、緊張やストレスをとる力が大きいパワーストーンといえるでしょう。

 

持ち主のマイナスのエネルギーを祓い、プラスのエネルギーを与えてくれます。

 

それにより、肩の力が抜け、血行が良くなることから、健康のお守りとされています。


権力者に愛された琥珀(アンバー)

熱を加えると甘い良い香りがする琥珀。

 

昔のロシア貴族たちは、アンバーを暖炉にくべて芳香剤としたそうですから、なんとも贅沢な芳香剤です。

 

ロシアのサントぺテルブルクにあるエカテリーナ宮殿には、部屋全体の装飾が琥珀によってできている「琥珀の間」と呼ばれる部屋があります。

 

黄金に輝いた比類なき豪華絢爛な美しさで、このような部屋は世界中、唯一無二と言ってもいいでしょう。

 

アンバーは、古来より世界中の権力者に愛されてきました。

 

ジュエリーとして琥珀はかなり昔から使われており、紀元前3000年以上前のネックレスやビーズなどがエジプトなどで発掘されています。


パワーストーン・天然石ブランド【FORESTBLUE】

  • 5,000円以上の購入で送料無料!
  • 商品の約70%が一点物!
  • 目利きのプロが海外で一点一点買い付け
  • 永久無料で修理に対応!
  • オーダーメイドのブレスレットも作れる!